愛知県長久手市 まんまる堂では無添加食材のみ使用! お子様連れでも、妊婦さんでも安心してお食事して頂けます

RSS

言い訳など・・・。

カテゴリ : 長久手の無添加ラーメン屋日記
ゴールデンウィークも終わりました。
毎年このゴールデンウィークが始まる前は、「今年はどうなんだろう?」
「忙しいのだろうか?暇なのだろうか?」と悩みます。


まずは期間中にサービス人員を確保出来るかどうかの問題・・・。
そして人員を揃える事ができても、暇なら時間を持て余す・・・。
というジレンマから始まるのです。


まあ大して繁盛しているお店ではないので、ゴールデンウィーク中
すべての営業日が忙しい・・・ということは在り得ないのですが、
いつ忙しい日なのかは予想できないので、「暇かもしれないな・・・」
と予想しても、万全の体制で望む他、手はないのです。


幸い、今年はスタッフが「この店大丈夫か?」と、不安になる程の
惨憺たる暇な日はなかったので、色んな意味で助かりました。


まあ・・・でもね・・・・もう・・・・春ですね・・・・。
限定メニューなど・・・昔・・・・やってましたね・・・。


遅れてます・・・・正に遅れています・・・・・。
でも決して、何もやっていない訳では・・・・ありませんよ。


後もう少し・・・・準備ができれば・・・・。

もう少しお待ちください!



2018-05-08 21:35:03

誰がために「無化調」の鐘がなるのか?・・・⑦

カテゴリ : 誰がために「無化調」の鐘がなるのか?
ラーメン愛好家にとっても、無化調(酵母エキスも無し)で食べたい派の
どちらにも対応できる方法は・・・・。


簡単に考えてみると、やはり卓上に「化学調味料」を常備して
自分自身の好みで入れるのが、良いのではないでしょうか?


もちろん、デフォのラーメンは「無化調」であり「無酵母エキス」の
スープと具材で構成されたものだというのが、前提です。


そうすれば、「無化調」と名乗っても実質的にもウソではないし、
ラーメン愛好家にとっても、「小さじ1杯、大さじ1杯、レンゲ1杯」
というカスタマイズが自身の好みで出来るという、夢のようなシステム
ではないでしょうか?


そうすればラーメンの作り手としても、自身の技量を「化学調味料」や
「酵母エキス」というフィルター無しで試すことが出来るので、
クリエイターとしてのやり甲斐も満足させられますよね。



そしてラーメン愛好家の皆さんも、店側のさじ加減ではなく自らの
好みのさじ加減を知るという・・・新たな味覚の旅に出かけることが
可能である・・・・正に一石二鳥のアイデアだと思いませんか?



こんな店があったら、間違いなくワタシは通います。

これなら「パンチ」や「インパクト」という単語をやたら好む
ラーメン愛好家の皆さんも、各自の「パンチ」の喰らい方で
満足できるので、お店の経営という側面からも安心ですね。



あくまでもラーメン屋は、ラーメン愛好家の皆様がその屋台骨を
支えてくれているのはずです。

でも「無化調」と名乗っているラーメン屋は、我々のような「パンチ」
を喰らうとノックダウンしてしまう弱者にも寄り添ったラーメンも
提供して欲しい・・・と、切に願うのでありました。


これは「無添加」などと無謀なコンセプトを打ち出し、散々
物足りない、何かが足りない・・・と言われ続け、そして経営弱者では
ありますが、足掛け14年なんとか凌いできた者としての
願いでもあります。


少し足を伸ばせば、そのようなお店に遭遇も出来るのでしょう。
余裕ができれば、仲間探しもしてみたいものです。


そう・・・誰がために「無化調」のラーメンがあるのか・・・。
それはなんと、ワタシのためでした!


適当に始めたこのシリーズ・・・こんなに引っ張るとは
思いませんでした・・・「無化調」」に幸あれ!


2018-04-23 21:34:31

誰がために「無化調」の鐘がなるのか?・・・⑥

カテゴリ : 誰がために「無化調」の鐘がなるのか?
さあ、少し整理してみましょう。

ラーメン愛好家・・・「無化調」のラーメンなど、微塵にも望んでない。

非ラーメン愛好家・・・「酵母エキス」入りのラーメンは、微塵にも望んでない。


すると、誰が「無化調」等という、ニセブランド化した過去の遺物を
求めているのか・・・誰がために「無化調」などという冠をラーメンに
付けなければいけないのか・・・?



食の安全を求める人達は「無化調」などという「酵母エキス」ありきの
ブランドには、興味をそそられないでしょう・・・きちんと見極められれば
の話ですが・・・それはそれで識別しにくいというのも、事実です。



しかし「無化調」を名乗るのなら、それは「酵母エキス」抜きのラーメン
でなければ、しっかりとその存在意義を示せないのではないか?・・・
と、個人的にはそう考えます。



たとえ識別できないとしても、なんとなくそれだけではなく、その他にも
「ん?」という疑問が持たれる「油断」が店内に散りばめられているので、
確証はなくとも、なんとなくその「ウソ」には気付くものです。



卓上とか厨房から見える無造作に置かれている調味料類で、大体どのような
中身のラーメンかは、想像できるものです・・・食の安全に気をつけている人
ならば・・・・。


まあでもやはり、その層が客層ではないんでしょう。
やはり客層の大半は、ラーメン愛好家の方々のはずです。


ならば、経営を考えるとやはり「酵母エキス」の助けは必要でしょう。
ただでさえ、少しでもあの「パンチ」がなければ、物足りないという
方々相手に、日々戦っているわけですから・・・。



そう、「酵母エキス」を使って「無化調」と名乗っても、虚偽ではないし
食品表示基準にも違反している訳ではないのですから・・・。



そう・・・どんなに綺麗事言っても、経営が成り立たなければ、それで
終わりなんです・・・ワタシもその恐ろしさは身にしみているので、
本当に本当に本当に・・・・・・・・・・・良くわかります。



でもあえて言わしてもらえれば、やはり「無化調」を名乗るラーメンは、
「酵母エキス」抜きで食べたい!!!!
やはり「無化調」は誰がために・・・そう我々のような、食の安全マニアという
マイノリティーの為にあって欲しい!!!!・・・と、思います。



でも、大半が「パンチ」を求めてラーメンという「道」を歩いていることは、
無視できません。


では、どのような解決法があるのでしょうか??????????????

それは次回に!・・・いえ・・・大した話では、ないんですよ。


2018-04-16 20:38:02

誰がために「無化調」の鐘がなるのか?・・・⑤

カテゴリ : 誰がために「無化調」の鐘がなるのか?
作り手側は、なんらルール違反をしているわけではないので、
「酵母エキス」や「たんぱく加水分解物」を使ってたとしても、「無化調」と
名乗ってもそれはそれで、問題ないのでしょう。


でもそれはあくまでも、作りて側のルールですよね。
ルールとしては問題ないのでしょうが、ニーズはどうなのでしょうか?



かなり端折って説明しますが、化学調味料と違って精製処理していないという
理由から、酵母エキスは「食品添加物」ではなく「食品」として分類されています。


まぁだから、「酵母エキス」や「たんぱく加水分解物」を使ってたとしても、

「無化調」というだけでなく、「無添加」とも名乗っていい・・・という事態が、
ルール上認められるのです。



ただしワタシを含め、「化学調味料不使用」とか「無添加」とかで、食品や
食事そのものを選択する側にとっては、「酵母エキス」も「たんぱく加水分解物」
も、「化学調味料」となんら変わりない・・・と思っているはずです。



まあ、色々安全性だとかは、一様諸説あり!・・・と言っておきましょう。
それぞれがお調べになって、その立場を決めればいいと思います。


が!はっきり言って、
「口の中が、気持ち悪くなるやん!・・・とってもとっても悪くなるやん!」
という、誤魔化しようのない事実が、愕然と立ちはだかるのです。



いくら、自然由来だ、安全性には問題ないと、資料など使って説明しても、
この「めっちゃ気持ち悪いやん!」という事実の前には、説得力などないやん!


この口内へのダメージは、全くあの「化学調味料」と同じ気持ち悪さ!
しかも・・・長時間・・・口の中が・・・気持ち悪い・・・・。
え!・・・・これで・・・・このダメージで・・・・安全?


どれだけ、ルール違反はしていません!・・・と言ったところで、
これは「無化調」でもないし、もちろん「無添加」などと名乗っては
行けないでしょう・・・・消費者を舐めるな!・・・と言いたい!


要するに言いたいことは・・・・。

「あんたさん、安全安全ゆうけどな・・・このスープ」
兄貴(松本)「気持ち悪いんじゃー!」
舎弟(今田)「気持ち悪いんじゃー!」

(3回繰り返し)

兄貴「な!分かるな!」

というダウンタウン「ごっつええ感じ」のアニキのコント風で
締めくくり、次回へと・・・・。


古くて皆さん知らないよね〜。


2018-04-10 21:30:35

誰がために「無化調」の鐘がなるのか?・・・ ④

カテゴリ : 誰がために「無化調」の鐘がなるのか?
さて、この「酵母エキス」であり「たんぱく加水分解物」をスープに
加えることにより、「化学調味料」を使っているのと同等の効果が
得られます。


要するに「無化調」でもパンチが有り、インパクトのあるラーメンが
作れる・・・・というカラクリが成立するのです。
そこに大量の脂を投下すれば、ほら出来上がり・・・ですね。



ワタシは数年前に、この手法で作られたラーメンを食べて、
かなり酷い口内炎と腹痛で苦しみました。
スープなど、ほとんど飲んでいないのにです。



まぁでも今回食べた「無化調」ラーメンは、そんな意図的に
「酵母エキス」や「たんぱく加水分解物」の現物を、後入れ
している感じではなかったです。
口内の痺れや独特の気持ち悪さはありましたが、腹痛にまでは発展していないので。



たぶん「酵母エキス」の入ってる調味料を使っているのでしょう。
「化学調味料不使用」と書かれた調味料の「酵母エキス」入を
使っているのだと思います。



このナンチャッテ「無化調」的な調味料類は、やや意識高い系の
スーパーなどにも、結構な比率で商品棚に陳列されています。


確かに、業務用の化学調味料やカラメル色素などを使っている
安っすい醤油もどきに比べると、多少値も張るので「無化調」と、
言いたくなる気持ちは分からないではないのですが・・・。


余談ですが、かの「無化調」ブームを牽引していた佐野実さんの
「支那そばや」は、「酵母エキス」を後入れで使っていました。


それは、店に置いてる「家庭で作れるプロのラーメン」という本に
ご自身が「支那そばやの発酵調味料」として、宣伝してました。



たぶんご本人はこの「発酵調味料」の真の正体を知らなかったのでは
ないかと・・・推測されます。
でないと、堂々と「無化調」などと謳えないと思います。
あの真っ直ぐな性格では・・・。


まぁ「無化調」の元祖みたいな人が、使っていることを公言している
「酵母エキス」の使用は、なんら「無化調」と表示して問題なし!
というのが、ラーメン界の常識として根付いていているのでしょう。


確かに、ルール上全く問題は無いのです。
嘘の広告でもないし、法律上の支障もないのです。


ないのですが・・・。


2018-03-27 18:02:12

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ