愛知県長久手市 まんまる堂では無添加食材のみ使用! お子様連れでも、妊婦さんでも安心してお食事して頂けます

RSS

店を潰すか、身体壊すかの二択?・・・①

カテゴリ : 長久手の無添加ラーメン屋日記
いや・・・遂に、やってしまいました!


完全週休2日などと言う暴挙に出てしまいました。
更に平日の夜、30分の営業時間の短縮という暴挙!


大丈夫か?・・・経営的にもそんな余裕あるのか?
という疑問を持たれるのは、当然ですね。


休みを増やし、時間を短縮すると言うことは、
実利が減るということです・・・恐ろしや、恐ロシア・・・。


はっきり言って、かなり危険です・・・経営的に。
本当は、隔週2日でもやりすぎでしょう。


しかし、このような決断を下さなければいけない理由があります。


それは、このままではいつか倒れてしまうという可能性が、
現実味を帯びてしまった・・・と、確信してしまったからです。



まあ、前からヤバイヤバイと言ってきましたし、思っても
いましたが、そうは言っても店潰すわけにも行かないので、
多少しんどくてもまだまだ行けるだろうと、思っていました。



ただの慢性的な睡眠不足が引き起こしている疲れで、
後1時間睡眠時間を増やすことができれば、このまま
のペースで店をやり続けることが出来るだろうと、
楽観的に考えてきました。


どちらかといえば、ロングスリーパー気味なので
4〜5時間睡眠では、かなりキツイのです。
しかも10数年、継続的ですからね。


昼の休憩時間に1時間昼寝をするのですが、これをワタシは
「命を繋ぐ睡眠」と、勝手に命名してました。

なんとかこの「命を繋ぐ睡眠」のおかげで、やれてるな・・・
という実感はありました。


しかし、コロナによる時短営業のおかげ?で念願の
夜プラス1時間睡眠生活に突入したのです。


大丈夫・・・夜6時間、睡眠時間取れればすべての
不調から開放され、復活する・・・と、安心していたのです。


が・・・予想を裏切り全く体調が良くならず、
どうやら「睡眠不足」だけでなく「働く時間が長すぎ」が根本的な
体調不良の原因だと、初めて知ったのでした。


まあそれでも、店の経営に余裕あるわけでもないので、
「働く時間が長すぎ」問題を先送りしていたのです。


頭は「休めば店が潰れる」ことを理解し、ゴーサインを出し続けて
いたのですが、いよいよ身体が「ヤバい兆候」を出して来るように
なったのです。


2021-04-06 20:28:45


ちょっと所要が重なりすぎて、もうすぐ明日に
なってしまいます。

とりあえずは、3月31日から4月4日までは、今まで通りの
営業体制です。

改めて4月7日からの営業体制です。

毎週 月・火 定休日

営業時間  昼 11:30〜14:00

      夜  平日 18:00〜21:30

         日祝 17:30〜21:00

とさせて頂きます。

詳細は追ってお知らせします!  


2021-03-30 23:59:32

営業時間・定休日の変更です。

カテゴリ : お店からのお知らせ
とりあえず、業務連絡のみです。

4月7日から営業時間の変更です。

平日 夜22時まででしたが、ななな〜〜〜んと、
   夜21時30分までと、30分短くなってしまいます。

そして休業日もななな〜〜〜〜んと、隔週月・火から、
毎週月・火の完全週休2日になります。

正気か???店潰す気か???
・・・と、頭おかしくなってしまった疑惑が浮上
してきますが・・・・。

とりあえずご報告だけ・・・。

何故このような決断となったかは、また後日ご報告します。

後、ほかほか麺は今週一杯、材料があるとこまでと
させて頂きます。

とりあえず4月4日までは、今までどうりの営業体制に
なります。
2021-03-23 00:16:15

なぜラーメン屋なのに、ラーメン食べないのかな?・・③

カテゴリ : 長久手の無添加ラーメン屋日記
結局、3月21日まで21時営業です。
ようやく解除されますね!


まあ、「無添加のラーメン」の完成など今をもって成し遂げては
いませんが、当時それなりの安定感のある商品が出来てきました。


まあ結論から言ってしまうと、お店に通ってくれお店を支えて
くれたのは、ラーメン愛好家達ではなく「安全な食事」を
外食にも求めている人達だったのです。


逆にラーメンを普段食べない人達も多くいました。


「いつも外食では行くところが少なくて困っていました。
助かります。」


みたいなお礼まで言われることも、度々あったのです。


するとこちらも、この店を支えてくれているお客さんを
より意識して、商品開発していくのは当然の流れですよね。



最初は「ラーメン」を「無添加」で作って「ラーメン屋」
として大成功する・・・という目標で店を始めました。



それが「無添加」で「安心して食事」できる「らーめん屋」
としてお客さんに認知してもらい、店を潰さないで凌いで行く
という新たな方向性にシフトチェンジしていったのです。




すると前はラーメン本など買って研究していたのが、マクロビや
おばんざい系などの本で研究するようになり、旬の野菜や、古式調味料、
麹などに俄然、興味の対象が移っていったのです。


すると当然のように外食もそのような系統のお店を選ぶことに
なりますよね。


するとすると、自然にラーメンを食べに行かなくなります。


これが「なぜラーメン屋なのにラーメンを食べないのか?」という
不思議な設問の答えです。


もちろん「無化調」の有名店が東海地方にもそこそこあります。


行ってみたいな〜・・とも思うのですが、休みが同じだったり
遠かったりで、なかなか行けないのが現実です。


ホント、機会があれば行きたいんですけどね〜・・・時間がない。


というわけで、決してラーメンなんて・・・という上から目線で
食べに行ってないのが、お分かり頂けたでしょうか?


ちなみにワタシはまんまる堂のらーめんは、ラーメンとしては
Bランクの下、もしくはCランクの上くらいだと思っています。


ラーメン業界という生き馬の目を抜く魔界では
全く勝負にはならないでしょう。



ただし「安全な食事としてのラーメン」というカテゴリーがあれば、
そこそこいけてるんとちゃうん?・・・と、勝手に思っています。


まあ、最後は自画自賛で締めくくりたいと、思います。


2021-03-16 21:53:41

なぜラーメン屋なのに、ラーメン食べないのかな?・・②

カテゴリ : 長久手の無添加ラーメン屋日記
3月3日(水)〜3月14日(日)までは夜21時までの営業です。

あああああああ〜〜〜〜〜早く通常の日常に戻らないかな〜〜〜。




で、前の続きなんですが・・・・なぜ、ラーメン屋なのに
ラーメンに興味無くなっているのかって話の続き・・・。


最初、豊橋で「まんまる堂」をオープンした頃は、まだ若く
夢と希望に燃えていました!!!!

そりゃ当たり前で、自己資金プラス借金で開業するのに、
夢や希望もなく始める奴は、勝負する前に負けてるも同然です。

西暦2000年、ミレニアムですよ。

よし!と・・・「無化調」ではなく「無添加」で行くぞ、と。
店のコンセプトの最上位に「自家製麺」と「無添加」の
美味しいラーメンの店という冠でいくぞ、と。


「ガチンコラーメン道」などを経て「無化調ラーメン」という
コンセプトの店が最先端でブランドでした。


当時、東京でもそこまで多くなかったです・・・「無化調ラーメン」


ましてや名古屋を含む愛知県など、ほんと数えられる程度。
・・・まあ、今でもそうですね・・・なんちゃって「無化調」の
店は、結構あるのですが・・・。


そんな現状の中、「無化調」をすっ飛ばして「無添加」だぞ・・・と、
鼻息が荒かったですね・・・最先端の更に先だと・・・アホですね。


当時有名だった佐野実大先生の「支那そばや」も「無化調」という
カテゴリーでしたが、「酵母エキス」は使ってましたからね。


料理経験ほぼ素人程度の調理人のワタシは、「化調」なしで味を決めることの
難易度の高さも、あまり分かっていなかったのです・・・アホですね。


当然開業と同時に不評そしてどん底・・・という今から考えると
当然至極な結果が待っていたわけなのです。


まあ・・・でもですね・・・試作で作ったラーメンは美味しかった
んです!

ただ、その美味しさを営業時間通して維持するためのテストを
やってなかったのが敗因で、オープンしているのに一からやり直し
という、地獄めぐりの旅が始まってしまうんですね。


・・・・いや〜・・・・思い出しただけでも、胃が痛くなりますね。
極貧でした・・・辛かったな・・・・あの頃・・・・。


でも店が暇で極貧でしたが、お客さんが来ないイコール時間がある
ので、研究に費やせる時間は山ほどあったんです。


手持ちの資金が尽きるか、美味しさを維持してしかも、ある程度
一般受けするような「無添加」のラーメンを完成させ、お客さんを
増やすことが出来るか・・・・デッドオアアライブですね。

タイムリミットは刻々と近づいて来ていました。

そして・・・と、続きは次回です。
2021-03-02 00:35:45

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ