愛知県長久手市 まんまる堂では無添加食材のみ使用! お子様連れでも、妊婦さんでも安心してお食事して頂けます

RSS

きゃッシュレス、不勉強に付き・・・②

カテゴリ : 長久手の無添加ラーメン屋日記
少し海外のキャッシュレス事情について調べてみました。

参考にしたのが

「NZ在住ぜんちゃんのアレコレ発信局」の中の

「海外でクレジットカード加盟店決済手数料って何%なの?
日本がキャッシュレス推進で必要な対応は?」

というブログを参考にさせていただきました。

https://zenchan.work/column/cashless/

URLを貼り付けたかったのですが、出来ませんでした。残念!



詳しくはそのブログを読んでもらいたいのですが、
少し興味深いデーターを取り出して見たいと思います



【カード利用率(クレカ・デビッッドカード)

日本   米国   中国  韓国  英国   豪州  NZ

15.0% 34.4%  55.5% 73.1% 46.3% 48.5% 14.3%


なるほど、こうやって見ると日本はカード利用率は少ないですね。
あと、NZも低めですね。



【クレカ加盟店決済手数料率】

 日本       米国   中国   韓国  英国   豪州  NZ

3.5~5%  1.51%  0.45%  2.00%  0.30%  0.23%  2.00%





ほらね!!!!!!!!!
日本がダントツに高いでしょ?



カード利用率の高い韓国が2%というのは意外ですが、理由は・・・。


韓国では、そもそもデビットカード機能をもつチェックカードが
一般的であることに加えて、チェックカード決済の場合、
お店側の手数料負担がとても低いみたいなんです。




零細企業はは0.5%、中小企業は1%ほどで、企業規模が小さいほど
優遇してくれるため、成り立っているんですね・・・キャッシュレス。


当たり前ですよね。
店側にだけ大きな負担を敷いて、キャッシュレスなど広がりようもないんです。


あの中国でさえ・・・あの中国でさえ0.45%ですからね。



ワタシだって、0.45%なら文句言いませんよ。
それぐらいなら、素直にクレカ使ってくれて結構です。


豪州など0.23%ですよ・・・羨ましい。
その程度の負担なら、我慢します。



これぐらいの負担率にしてからやれよ!キャッシュレス事業!




まあ実際、キャッシュレス還元事業者登録は、全体の3分の1程度しか
加盟店登録していないそうです。



当たり前ですよね・・・商売もしたことのない、自社会経験のない
財務省のアホたちが、卓上で考えた空論です。




小売は死ね!と、言っているに等しいですね。
個人事業者は廃業しろ・・・お前たちは税金と手数料の奴隷だ!
と、アホどもに勝手に制度作られて・・・情けない国になってしまったな〜。


まあでも、ピンチはチャンスでもあるので、この問題から逃げずに
戦ってみたいと思っています。


2019-09-26 00:13:27

キャッシュレス、不勉強に付き・・・。

カテゴリ : 長久手の無添加ラーメン屋日記
実は、消費増税などやらないだろう・・・と、高をくくって
キャッシュレス、消費者還元事業・・・など、ついこの間まで
気にも留めていなかったのです。


いやこれはヤバい、全くこの制度を理解してもいない・・・。
と、焦りだしたのが、つい一ヶ月前。


色々勉強した結果・・・個人事業者から言わせてもらうと、
「おい、事業者側!・・・断りもなしに、勝手に手数料とってんじゃねぇ!」


・・・という、当たり前の結論に到達するんですね・・・誰もが!


何で、同じ商品売って、定価から勝手に3%以上持っていくかな〜・・・。

消費増税だって、2%なのに、さらにそこから3%って・・・・。

それ追い剥ぎでしょう・・・・ちっちゃなお店、死ねってこと?


この魂の叫びは、たぶん小規模の個人事業主の方々は、共感してくれると
思います・・・しかも激しく!

という、矛盾を解消すべく思いついたのは、手数料分を払ってもらう
・・・という結論に達したんです。


正直に、「このままではやっていけません・・・ボッタクリはしませんが、
手数料分だけ、ご負担ください・・・。」


のスタイルで、やっていくしかない!・・・と、考え、支払いの先に
事情を説明して、お好みのキャッシュレスに応じて、そのサービスに
付加する手数料分を会計に乗っけて、お支払いいただこうと考えていました。


すると!・・・・それは、駄目らしいんです・・・。
今日、商工会の人が親切にも教えてくれて、調べたら・・・グレーでは
ありますが、なんとなく駄目っぽいんです。


マジかと!・・・これに費やした時間返してくれよ・・・と言いたい。

ちょっとまだ、混乱しています。

もう少し、考えてこれからの方針を決めていきたいと、思います。


結局、損するのは、いつも弱い立場の側なんですよね・・・。

この話は深いので、また続けます。


あ!・・・肝心なこと言い忘れてた!

てな事が、色々ありまして、10月1日の火曜日はお休みさせていただきます。
とても間に合いそうではないんです・・・メニューも含めてですが。


お時間頂きます。


2019-09-19 00:34:03

瞳は・・・。

カテゴリ : 長久手の無添加ラーメン屋日記
今回は、ワタシのオススメするお店紹介です。

なんとなく、ワタシ世代は・・・瞳は・・・




・・・ダイアモンド・・・松田聖子、松本隆コンビですね。
ダイアモンドといえば、ついつい、こう口ずさんでしまいます。


どうですか・・・・一見すると、なに屋さんか、わからないですよね。
何回も車で前を素通りして、気にはなっていたのですが・・・。


しかし、今では結構通っているお店です。


まず、なに屋さんかと言うと・・・。





おお!・・・何故か横向きになっている????
結構このホームページのシステム、このような不具合が多いよな〜。
入れた画像は、縦だったのに・・・皆さんは脳内で調整してください。


ランチ・・・と書いてるので、そう・・・ごはん屋さんなんです。
一見、外観からは想像できないですが・・・。


なんと、お惣菜バイキングのお店なんです。

それがコチラ。











どうですか・・・いい感じでしょ?

完全に野菜中心のメニューで、ワタシ好みで嬉しい。

それをお皿に盛って



取りすぎ????かなと思いますが、丁度いいんです。

ごはんは、雑穀米です。



これも嬉しいですよね。

それにプラス、魚or肉をチョイスできます。

「サワラのソテー」



「和豚ヒレ肉のフライ」



をチョイスできて、更にデザートも付いてきます。




いや・・・こんなご飯を食べたいんですよ。

これで、980円です。

後プラスいくらかで、デザートとコーヒーまで付きます。

誰か・・・いや、もしかして人でないものが作ったご飯などに、
ただでさえ貧乏なのに・・・そんなものにお金使ってたまるか!
・・・と、貧乏人は強く強く思うのでありました。


二人のお母さんが営んでいます。

いいお店なんです。

ただし、超えなければいけない高い高いハードルがあります。

それは・・・。




ランチのみ!しかも、月・火・木・金だけ!・・・というハードルです。

幸いにして、ワタシには丁度いいんです・・・最高のお店です。

このハードルを超えることのできる強者は、是非チャレンジしてください。


もちろんホームページなど御座いません。
住所だけ、貼っておきます。

住所 愛知県 日進市 北新町 狐塚29
交通手段 車で
長久手古戦場駅から2,416m


2019-09-10 22:32:47

電子決済の理解に追われる日々

カテゴリ : 長久手の無添加ラーメン屋日記
いや・・・びっくりした。
ブログが勝手に増殖してましたね・・・。
7つぐらい連なって、まるでYMOの3rdアルバム「増殖」みたいに・・・。
前にも一度あったな〜・・・一度トビラシステムに、聞いてみよう。



手な具合なんですが、今、10月からの消費増税にまつわる、
電子決済サービスの導入のため、日々追われています。



いやホンマ・・・ええかげんにせえよ、財務省!
お前らは暇かもしれへんけど、こっちは忙しい!
こんな面倒くさいこと、あと一月で理解できるかー!!!!!!



それにこれ以上、景気を冷やしてどーするつもりや!
このままいくとなー・・・このままいくとなー・・・。
まんまる堂など、木っ端微塵に潰れてまうわー!!!!!!


いや本当に、下々の生活ナメるなよ!・・・と言いたい。
しかも、システム導入たるや・・・面倒くさい。


もちろん、代理店の方々が代行してくれる部分もあるのですが、
根本を理解しないと、なにが何なのか・・・どうすれば、どうなるのか
が、さっぱし理解出来ない!



休みの日の夜は、パソコンに張り付いてお勉強やら、申込みやら
・・・一人ひとりに掛かる負担が、大きすぎるんじゃー・・・ボケー!



ワタシはなんとかパソコンなどを所有し、このホームページの
運営で、多少はパソコン使っているので、少しは理解を深めようと、
努力できますが・・・アラフィフのワタシでギリギリなんで、
これ以上の世代は、結構厳しいのではないでしょうか・・・。


商工会などで講習もやってますが、営業していて出れないしね・・・。


と、今悪戦苦闘している最中であります。
消費増税でまんまる堂、吹っ飛んでしまうかもしれませんが、
生き残りをかけて、勉強中です。


頑張ります!



2019-09-03 23:53:08

添加物の表示についてのエトセトラ・・・⑥

カテゴリ : 添加物の表示についてのエトセトラ
話の内容が、「添加物の表示についてのエトセトラ」とは
かなりかけ離れていって、暴走モードに突入し、本題とは
関係のない話ばかりで・・・スミマセン。


山崎パンが言いたかった、「イーストフード不使用と言いながら、
同じような物使ってるくせに、嘘ばっかりつくんじゃねぇ!」
という当たり前のことを、ワタシも言わせてもらいましょう!


「無化調とか言って、タンパク加水分解物や酵母エキスなど
バンバン使ってるくせに、我が店は業務用スープ(タレ)じゃないよ
アピールしてんじゃねぇ!」・・・あえてカスであると!(byギレン・ザビ)


要するに「イーストフード不使用」も「化学調味料不使用」も
同じ穴のムジナである・・・と、日記には書いておこう。(古る)


何故まんまる堂が、「無化調」ではなく「無添加」という
ワードを選択したのか!・・・という理由がそこにあります。


「無添加」という言葉は、あまり好きではありません。


何故なら、「添加」ありきが当たり前で、レアケースとしての
差別化が「無添加」というジャンルであり、言葉なのです。


「無添加」は「添加」のアンチテーゼみたいな扱いで、
「美味しくないのに、なに頑張ってるの?」と嘲笑込みで
言う人もいますからね〜・・・考えすぎかな〜?



でも「当店は日本古来からの製法で作られている調味料だけを
使っているお店」とは、毎回謳えないでしょ?


たった3文字の「無添加」は使い勝手がいいんですよね〜・・・。


なにかいい謳い文句があれば、教えて下さい!
募集してます(笑)・・・何も景品的なものは出ませんが・・・。



添加物表示だけを鵜呑みにして、安全なものにお金を
投資しているつもりが、結果裏切られるというケースは
この先も後をたたないでしょう。


いくら添加物表示の厳格化を進めていっても所詮、
イタチごっこなんです・・・企業努力をナメるな!
会社を潰す気か?・・・てな話です。


それに添加物だけを「悪」と祭り上げても仕方ないでしょう。


現実、今の社会の繁栄の一翼を担っているのも事実ですし、
平均寿命が伸びているのも、事実。


だからこそ、しっかり添加物表示を見る実力を備えましょう。
矛盾しているようにも、聞こえるでしょうけれども・・・。


あまり添加物まみれのものを、子供に常食させないように
しないと、寿命は伸びていても、アレルギーや心の病は
実際増えているし、たぶんこれからも増え続けるでしょう。


当然、「食べ物が腐りにくくなった」という便利さに対して、
反作用は必ずあるのです。


光が当たれば、必ず影ができるように、便利さを担保する
薬品が増えれば増えるほど、その見えない影も増えていってるはずです。


その影の部分は、その個体、個体によって出方が違うので、
原因は何かとは特定できないでしょうが、必ず出ます・・・大なり小なり、影が。


神経質になりすぎるのも、良くないのでしょう。
マツコ・デラックスがテレビで言ってました。


「どうせ大人になったらその反動で、ジャンクフードバカ食い
するからな!」


と、言ってました・・・言い得て妙、分かる気がしますね。


バランスを取りながら、原理主義的にひと方向に舵を取らないで、
添加物とも、上手に付き合っていきましょう。


ジャンクなものを食べたら、次も日はマクロビで軽く・・・
とかね。


最後までタイトルに近づけようと努力しましたが、着地せず・・・でした。

添加物の表示についてたいして語れなかったことを反省しつつ、
これにて終了です。




2019-08-27 01:09:25

前へ 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 次へ