愛知県長久手市 まんまる堂では無添加食材のみ使用! お子様連れでも、妊婦さんでも安心してお食事して頂けます

店舗情報

無添加ラーメン まんまる堂


TEL
0561-61-3860

営業日
火- 土 (第1,第3火曜日)
・11:30 - 14:00
・18:00 - 22:00

日、祝
・11:30 - 14:00
・17:30 - 21:00



定休日

月曜日
第1・第3火曜日
但し、月曜日が祝日の場合は営業ます。

※令和2年から第1、第3火曜日
に変更します。

住所
愛知県長久手市五合池1413
〈詳しい地図はこちら〉
Facebook
RSS

2018年 ほかほか麺


やっとこさ、始めています。
これも冬の恒例となりました、『ほかほか麺』です。



今年のバージョンも、「色々野菜の鍋風」ですね。



スープは鶏ベースにカツオ、煮干しなどの魚介類と酒粕です。
それと野菜からのうま味にプラス、生姜が味の全体をシメます。
ややあんかけ風なので、温さを持続しながら召し上がって下さい。

野菜は、白菜、大根、ねぎ、玉ねぎ、と種類豊富です。
後プラスで、ほうれん草と油揚げの煮浸しまでトッピングしています。


そしてコレも定番です。



と・・・なんのことか、分かりませんね・・・ねぎばっか・・・。
まあですね、ごぼう、エリンギ、玉ねぎが入った、黒ごま味噌風味の
味変えです・・・柚子が、いい仕事しています。

これだけの野菜を一気に食べれるメニューはなかなか無いですよ。


そして更にコレなど入れて・・・。



今年のラー油は、上澄みの油の部分だけではなく、元も入れているので、
辛いのが苦手な人も、ほんの少し元の部分を入れると、一気に風味が
加算されます。


そして、余裕のある人は、ご飯まで・・・。



たどりつけば、おなかも、栄養価的にも満たされると思います。

まだまだこれからも寒い日が続くので、この冬是非一度
お試しください。



2018-01-23 20:17:12

2017年 秋の限定麺     『温菜めん』


さあ!いよいよ始まりました・・・というか、すでに始まっています。
秋の限定麺・・・は、こちらです。



こちらです・・・『温菜めん』の前に冠として、
「自家製ベーコン薫る、クリームシチューみたいな」・・・が付きます。
もちろん、オーダーの時に「自家製ベーコン薫る〜」は、言わなくていいです。
念のため・・・。


少し大きめの画像で見てみましょう。

 

なんとなく「クリームシチュー感」は伝わっるでしょうか?

もう少し寄ります。



やや分かりにくいですが、麺はパプリカを練り込んだ「秋いろ麺」です。
やや細めの全粒粉入り平打ち麺です。

この白っぽいスープの骨格は、じゃがいもと豆乳です。
そこに「しおまる」のスープ、タレ、酒粕、みそ等と香辛料で輪郭を調えています。

そこにオリーブオイルで軽く炒めた、玉ねぎ、キャベツ、にんじんで、野菜の
うま味をプラスしています。
さすがまんまる堂!・・・栄養満点ですね(自画自賛)

そして、「自家製ベーコン薫る」のくだりですね。



・・・どうですか?・・薫っていますか?・・・匂いは、伝わりませんね。
自家製ベーコンなので、結構遠慮なくスモークしています。
このベーコンを、提供する直前にスープに合わせるので、スープ全体に
スモーキーさが、プラスされるという仕掛けです。


そしてコチラ。



右サイドには、しめじと、さつまいもを白ワインやブルーチーズを
加えた、バターソース仕立てです・・・秋の味覚ですね。
これも途中から合わせると、やや風味が変わります。


そして左サイドのコチラ。



えのきを、赤ワインと自家製のバジルソースでまとめました。
これは最後の方に混ぜ合わせると、いい感じになります。

自家製のバジルソースは、夏の間に無農薬のバジルをせっせと集めた物で
作りました・・・バジルの風味をお楽しみ下さい。


そして、いつもの仕上げのぶっかけ飯は、



その名も「ポテご飯」です。

こちらも自家製のポテトのパテを乗っけています。
ここにスープを入れると、クリーミーな感じになって、面白いです。
お腹に余裕があれば、是非お試しください。


今回の限定は珍しくワンディッシュですが、内容は詰まっています。
これから冬に向かっていく身体づくりの、手助けになれば幸いです。

もはやラーメンとは言えないものですが、勇気ある人は、チャレンジして下さい。



2017-11-14 21:04:29

超期間限定『カレー(まぜそば風)つけ麺』


冷やしつけ麺の時期も終わり、秋の季節に突入する前の
この中途半端な時期・・・。
だからこその『カレーつけ麺』なのでしょう。



いやいや・・・これしかやれることが思いつきません!
実際にはこんな感じです。



まあ、見たまんま・・・カレーですね。



なんか、ミートスパゲティみたいにも、見えなくはないですが・・・。
タイトルにもさり気なくいれましたが、(まぜそば風)なんです。

まずは麺とキーマ風カレーだけで、まぜそばみたいに、ミートスパゲティ
みたいに食べて下さい。

ターメリックの全粒粉入麺は、通常のつけ麺みたいに冷やしていません。

茹で上がりの麺では、すぐに麺と麺がくっついちゃいますので、
軽く水で締めてやや暖かめで提供しています。

冷たくもなく、熱くもない・・・という変な感じで食べてもらいます。

いろいろ試した中で、このへんな食べ方が、一番しっくり来たので、
皆様もどうかお付き合いください。

麺だけで少し食べたら、つけ汁にも麺を投入して下さい。




画像が悪いですね。
一見味噌汁か!・・・と勘違いしてしまいそうですが、れっきとした
カレー味です。ご安心下さい。

つけ麺みたいにたべてもいいのですが、めんどくさければ、麺に直接
ぶっかけてもいけます・・・お好みでどうぞ。


ただ、どんな味かと言われると、表現のしようがないのです。
まんまる堂、オリジナルのカレー味としか言い様がないのです。

具は、かぼちゃ、じゃがいも、玉ねぎ、トマトなどです。
やや、スパイシーに仕上げています。

そして、カレーにはやはりご飯ですね。



アーモンドやカレー味の玉ねぎと揚げ玉ねぎです。
それにカレーを入れるとこんな感じです。



いや・・・美味しそうですね。
食感、風味が変わって、いい感じです。


いつ迄とは明確には決めていませんが、1ヶ月をめどに頑張ります。
変わった物好きには、楽しめると思います。
機会があれば、是非お試しください。




2017-09-19 20:31:03

2017年、冷やしつけ麺


さあ!今年も始まりました。
梅雨の時期から始まる、恒例の『冷しつけ麺』です。






麺は小松菜と茶葉を練り込んだ麺です。



清涼感に溢れている、自慢の麺です。
まんまる堂の中では、極細の麺です。


そして薬味も定番の・・・。


ですね。
大葉とネギ、塩麹の浅漬けキュウリです。
やっと、この時期から無農薬物が出回り始めます。

そしてコレ・・・。



温泉卵と鶏と玉葱のそぼろです。
コレの使い方がこの『冷しつけ麺』の醍醐味ですね。


そのままでも食べれますし、半分つけダレに入れたり、
そこには使わずにご飯にかけたり・・・。
常連さんたちは見てるとそれぞれの流儀で召し上がって
ますね。

ワタシなら少しそれだけで食べて、途中から半分つけダレに
入れて、あとの残りとつけダレをご飯にかけて食べます



辛味はお好みで・・・。



ニラと青海苔ブレンドの辛味も、アクセントにお使いください。

もちろんご飯もご用意しています。


ぶっかけ飯は自家製のなめたけエノキ乗せです。
お好みで温玉鶏そぼろや、つけダレなどかけてお召し上がり
下さい。なめたけだけで、ごはんも少しは楽しめます。

つけダレはかけ過ぎると、しょっぱくなってしまいますので、
少しずつ様子を見ながらどうぞ。
スープ割りも出来ますので、お好みで・・・。

これから夏、残暑のシーズンまでのご提供です。
「こんなクソ暑い日にラーメンなんか食べれるか!」
という気分のときにお使い下さい。
2017-06-12 22:52:25

2017年春の限定「ま〜るカレー」


2017年春の限定メニュー始めています。

その名も「ま〜るカレー」です。



少しメニューでは分かりにくいので、全体像がこちら。



なんだこれはと・・・毎回ラーメンと言えないものばかりですが。
このビジュアルを見て頂いたら分かるように、ラーメンではないです。


でも毎年、春はカレーテイスト的な物を出しています。

つけ麺のときは「カレーつけ麺」
つけ麺でないときは「カレー麺」

だったのですが、今回はそのどちらとも名乗れない・・・のです。
何故なら・・・ラーメン屋なのに麺だけでなく、すでにご飯も・・・。



最初から付いています。

何故こんなことになってしまったのかは、ブログに書きます。
ここでは単に料理内容の説明をします。


まずメインのカレーですね。



このカレーをなんと説明するかは難しいのですが・・・・。
あえて言えば、「カシューナッツと豆乳ヨーグルトのチキンカレー」
なんでしょう。

ここでいうカシューナッツは個体で使っているのではなく、
粉にして使っています。
具材は、玉ねぎ、じゃがいも、鶏肉、トマト、ヨーグルト、
あと、多彩な香辛料たちです。

味の説明が難しい・・・でもマイルドなお味です。
唐辛子系の辛味は余り加えていません。
薬味3点セットにカイエンペッパーがあります。
かなり少量でも辛味が強いので、注意してください。

あと水菜の上には自家製のドレシングが掛かっています。

そうそう・・・麺の説明忘れていました。
人参を練り込んだ全粒粉入りの麺です。
やや人参だけでは色が出ないので、少々ターメリックを入れてます。

そして薬味の説明です。



右の赤いのはトマトのチャツネです。
ややスパイシーなので、お好みでお使いください。
やはりカレーには酸味の足しが必要かと・・・。
玉ねぎふんだんに使っているので、そこまで癖は強く出ないように
作りました。


左が海老ココナッツです。
これを使うと一気に東南アジア風なテイストに変わります。
半分くらいからお好みで使ってください。
上に乗ってるピンクペッパーも、いい仕事していますよ。


ごはんも最初から付いているのですが、やや物足りない
という人のために・・・。







多分汁をご飯にぶっかけるほどのカレーが、残っていないので・・・。
今回は「ぶっかけ飯」としてではなく「おっかけ飯」として提供します。
このカレーも別バージョンで「新玉カレー」です。
意外にも、手間ひまかけてしまいました。
これ単体でも、結構いけます。

アクセントにアーモンドスライスを乗っけています。

とりあえず、ここでは内容の解説だけに留めておきます。

かなりの変わり種なので、変わった物好きにはオススメです。
チャレンジ精神を持った強者達、集まれ!






2017-03-30 00:14:25

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ