愛知県長久手市 まんまる堂では無添加食材のみ使用! お子様連れでも、妊婦さんでも安心してお食事して頂けます

店舗情報

無添加ラーメン まんまる堂


TEL
0561-61-3860

営業日
火- 土 (第1,第3火曜日)
・11:30 - 14:00
・18:00 - 22:00

日、祝
・11:30 - 14:00
・17:30 - 21:00



定休日
月曜日
第2・第4火曜日
但し、月曜日が祝日の場合は営業ます。

住所
愛知県長久手市五合池1413
〈詳しい地図はこちら〉
Facebook
RSS

2016年 秋の限定メニュー


久々の限定メニューです。
名付けて・・・考えてませんでした。

値段です。
並 890円  大 990円  小 790円

やや高めですが、自信をもってそれだけの原価はかかっている!
・・・と、豪語しておきましょう!
・・・なんて・・・許してね。


さて!ビジュアルはこんな感じです。




まんまる堂秋の限定の定番スタイルですね。



秋っぽい色合いと、具材で構成しています。
スープは少なめで、スープパスタ風?なのかな・・・。
トマトや、こんぶ、玉ねぎ、えのきブレンドのスープです。
最初に鶏ミンチの生姜風味と絡めて、お召し上がりください。


そして麺は・・・。



分かりづらいですね・・・。
麺はパプリカを練り込んで、やや赤みを帯びた全粒粉ブレンドです。
卵をツナギに使っていないので、でんぷん質を多めに
ブレンドして、ややモチモチ感を強めに出せれたらな~
・・・と、考えました。
効果のほどは、、、ご確認ください。


そしてきのこです。




しめじと山えのき、舞茸の三種類を使っています。
オリーブオイルで炒めて、塩コショウ、赤ワインという
シンプルな味付けで、きのこの旨味を損なわないようにしました。
人参で、色味を整えました。


これらを三分の二ほど召し上がってから・・・・。
コレですね。



定番の味変えアイテムです。
今回は、さつまいもの豆乳ポタージュ、チーズ風味です。
これもシンプルな味付けです。
ブルーチーズが控えめながらいい仕事しています。

それをかけましょう。



一気にポタージュぽくなります。
さつまいもも、蒸してから軽く炒めて、やや塩をふってます。
優しめの味わいです。
これも、まんまる堂ならではと思っています。



そして、この風味を損なわないように、ぶっかけ飯もあります。



おいもごはんです。
白いのは豆乳ヨーグルトです。


秋の具材で仕上げたメニューです。
興味のある方はお試しください。


ただし数量限定になります。
もし売り切れていたら、m(_ _)m


あと、鶏ミンチ、チーズなどは抜くことも出来ます。
ベジ対応もできますので、気軽にお声がけください。





2016-10-19 00:22:00

秋の裏限定メニューです。


裏メニュー的な秋限定メニューです。
お店にメニューは置いてないです。
詳しい情報は、ここにしか書きません。

まずビジュアルはこんな感じです。


今まで通りのビジュアルです。
ただし、これは『しおまる』がベースです。
『しおまる』の裏メニューバージョンです。

さてスープは。


少しわかりにくいですが、しおまるの魚介をベースに、豆乳ときのこ類
ごぼう、アーモンドやオリーブオイルで味に変化をつけています。
動物性のスープは使っていません。



これは鳥のそぼろと玉ねぎのオレガノ風味です。





これはひじき、さつまいも、にんじんのソテーです。



これは豆乳ヨーグルトとバジルのソースです。


全体的に秋の味覚っぽい感じです。
位置付けとしては、『しおまる』の秋バージョンです。

なので、注文の際は
「しおまるの秋バージョン」又は「限定」でご注文ください。

並・・・870円  大・・・990円  小・・・750円 でのご提供です。

今回は、特別ぶっかけ飯は用意しませんでした。
黒ごはん、赤ごはんで、相性はいいです。

味変えのアイテムは用意しませんでしたが、
最終的に味の変化は、楽しめると思います。
興味のある方は、お試しください。


お店にコレ専用のメニューははございません。
1日何食とは決めていませんが、材料次第で売り切れる
場合がございます・・・ご了承ください。
クリスマス前後までの提供予定です。







2015-10-28 00:19:05

2015年 冷やしつけ麺


なんとか、これだけはやらないと・・・。
厳しい仕込み状況の中、やっています恒例のコレ。


定番ながら人気の季節限定メニューの 『冷やしつけ麺』
始めました。

スペックは例年通りです。

麺は・・・小松菜と奥三河茶を練りこんだ
           国産小麦100%の全粒粉入り麺です。
           かなり、栄養価の高い麺だと思います。


つけ汁は、無添加の調味料のみで作っています。
カツオ出汁にエビ油風味です。

付け合せに温泉卵と生姜風味の鶏そぼろです。
そのまま召し上がってもよし、つけ汁にくぐらせてもよし。
お好みでどうぞ。


キュウリは塩こうじの浅漬け。
あとシソとネギが薬味です。




締めのご飯は自家製の「なめたけご飯」でどうぞ。

梅雨から夏にかけての意義のある食事のお手伝いに。
どうかご愛用ください。




2015-06-23 23:49:05

2015年 ほかほか麺《並890円 小790円 大990円》


もうすでに始まっていますが、始まりました!
2015年度版の『ほかほか麺』です。


こんな感じです。写真では一個味変えが写っていませんが・・。

まずはこれ。


黒っぽい麺は、内麦と内麦の全粒紛ブレンドに
キャロブパウダー(いなご豆)の粉をブレンドしています。

そしてスープ・・・というか和ダシのあんかけ風です。
生姜と鶏、白菜もほんのり感じられると思います。
味付けは、塩麹です。

右上の具材は、大根と高野豆腐とシメジです。
軽く山椒とごま油を利かせています。


そして今年の味変えです。
タイプA


味のベースは黒ゴマと味噌です。
黒ゴマは練りとすりゴマとごま油のブレンドです。
味噌ダレは玉葱とゴボウを使っています。

右上の具材はレンコンの青海苔風味揚げです。
右の青菜は小松菜です。
・・・言うまでもないのですが、野菜はすべて無農薬です。
ご安心を。

それに温泉卵がついてるバージョンと


大根のおろし餡の2つからチョイスできます。
玉子が苦手だったり、さらにヘルシーに召し上がりたい
人にお勧めです。
大根のおろし餡は、火を入れて辛味を抑えて甘みが
引き立つように調理しています。

両方ともゆずを忍ばしています。

タイプBはコチラ。


白ゴマベースに味噌ダレ、そして辛味入りです。
上のキムチは、今年は甘酒を使ったニューバージョンです。
写真では分かりにくいですが、白菜とニラのキムチです。
無添加キムチは希少ですよ・・・たぶん。
温泉玉子のバージョンと、


A と同じく、大根おろし餡とのチョイスです。
お好みでどうぞ。

これらをいつものように途中から投入です。


こうしてから、ドーン!


いい感じですね。

そして当然のようにぶっかけ飯もあります。
青菜ごはんです。


かなり分かりにくいですが、真ん中の具材は大根の葉っぱと
葱を炒めてアーモンドスライスを混ぜ合わせたものです。
ほのかに味噌仕立てです。上は定番の塩豆乳ヨーグルトです。

味はさほど変わりませんが、栄養満点です。
葱もしっかり加熱していますので、あまーいですよ。

これを最後に・・・。


雑炊感覚で〆るのがお勧めです。

寒い冬は身体の中を暖めて、春に備えましょう!

2015-01-13 23:34:00

2014年 温菜めん (並 890円 小 790円 大 990円)


さあ!今年も秋がやって来ました!
秋から冬にかけての定番の限定メニュー『温菜めん』です。
2014年バージョンはコチラです。


ジャジャ~ン・・・っと、登場です。
どうですか?秋らしい色合いでしょ?

まずは、こちら。


麺は、パプリカとバジルを練りこんだ、全粒紛ブレンドの
自家製めんです。
こちらの地域で言う「ピンクい」色合いの麺です。
かなりパプリカが利いており、独特の風味をもった麺に
仕上がりました。


スープは、サツマイモとニンジンと炒めたタマネギの
ポタージュの塩麹仕立てです。
砂糖は使っていません。自然な甘みをご堪能してください。


そして次はコチラ。


右が「サツマイモと鶏ミンチのそぼろ餡仕立て」です。
50℃洗いしたサツマイモの甘みを楽しんでもらって、
生姜の利いたそぼろ餡は、スープと混ぜても美味しいです。

左が見た目「ひじきの煮つけ」に見えますが、実際は
オリーブオイルで揚げたえのきと、ひじきとニンジンの
炒め物・・・なんです。
スープに混ぜてください。風味が一変します。


そして別皿のAタイプがコチラ。


下にあるのが、ゴボウとしめじの味噌赤ワイン煮です。
これはAもBもおなじです。

ごぼうの風味を生かすため、少し多めの油で炒め揚げ、
その油で、しめじとタマネギも炒めて、味噌赤ワイン
ソースで、煮ています。

その上に乗ってるのが、エノキのバターとチーズの
白ワインソースです。
スープがバターとゴルゴンゾーラの風味と、ゴボウの
土臭さがブレンドされます。

タイプBです。


先ほどのゴボウの上に、エノキのトマトと豆乳ヨーグルトの
赤ワインソースが乗っています。
こちらは動物性の物は使わずに、豆乳ヨーグルトを使って
マイルドに仕上げています。


そして〆はやはりコレ!


ぶっかけ飯ですよね。
塩豆乳ヨーグルトに、自家製のバジルソースを乗っけて
います。バジルソースはアンチョビを使わずに、
ベジ試用です。一工夫してるので、アンチョビなくても
濃厚で美味しいですよ。


さてさて・・・これからどんどん寒くなってきます。
冬に向かっての身体作りに、秋野菜たっぷりの
温菜めんを、ご利用ください。
 

2014-10-13 22:53:54

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ