愛知県長久手市 まんまる堂では無添加食材のみ使用! お子様連れでも、妊婦さんでも安心してお食事して頂けます

店舗情報

無添加ラーメン まんまる堂


TEL
0561-61-3860

営業日
火- 土 (第1,第3火曜日)
・11:30 - 14:00
・18:00 - 22:00

日、祝
・11:30 - 14:00
・17:30 - 21:00



定休日
月曜日
第2・第4火曜日
但し、月曜日が祝日の場合は営業ます。

住所
愛知県長久手市五合池1413
〈詳しい地図はこちら〉
Facebook
RSS

令和元年『 冷やしつけ麺』始めました。


さあ!・・・さあさあさあ!!!・・・。

恒例ですが、始まりました!・・・令和元年もコレでしょう!

まんまる堂の夏は、「冷やしつけ麺」。



始まりました。
恒例です・・・恒例なんです・・・ファンが多いので、毎年コレなんです。

まずはこの清涼感のある、麺ですね。



小松菜とお茶を練り込んだ、全粒粉入の麺。



いい感じです・・・この麺は、製麺していても、色合いが綺麗なので
楽しいです。

今年は、更に思い切って、去年よりも麺を細くしました。
・・・・だからどうなんだ、という話なんですが・・・・
更に、汁との絡みもよく・・・いい感じです。





和風の汁に、エビと玉ねぎの揚げ油を、少々足しているので、
他所にはないテイストで・・・いい感じです。

薬味の、ネギやシソをお好みで入れて下さい。
付け合せのきゅうりは、甘酢漬けにしてるので、お口直しにどうぞ。


そしてコレの使い方が、この「冷やしつけ麺」のキモでしょう。



温泉卵と鶏そぼろです。

このまま食べても美味しいですが、半分汁に入れるのが、オススメ。
雰囲気がガラリと変わって・・・いい感じですよ。

汁を介さないでこれに直接、麺を入れて食べる流派も見掛けられます。

お好みで、皆様の使い方を、お楽しみ下さい。

隣のニラ辛味噌も、ツユに入れてお楽しみ下さい・・・今年はニラ倍増です。

そして、専用のご飯も用意しています。




ぶっかけ飯の「和カレー」ご飯です・・・写真にはネギを乗っけるのを、忘れました。

夏らしく、トマトの酸味を引き立たせた、カレーです。

汁は少量かけるのがオススメ。
温玉鶏そぼろとの、相性は・・・いい感じです。


そして今回は特別に「おとも飯」として、一品追加です。
「鶏ごぼう」ご飯です。




これは、間違いのない美味しさです。
誰が食べても間違いなし・・・・いい感じです。

そのままで、お召し上がり下さい。


さてさて・・・今年も始まりました「冷やしつけ麺」!
9月の中頃までの提供です。

是非お確かめ下さい・・・いい感じですよ。



2019-06-17 21:38:06

春の限定始まりました!


いよいよ春の限定麺始まりました。
こちらです!




『鶏そば』(エスニックな&あとDEカリー)です。



前年の「フォー・ポイ麺」のスタイルを継承したメニューです。




まずは麺。
国産小麦に更に全粒粉プラス米粉で仕上げた麺です。
全粒粉入なので、ややくすんではいますが、白っぽい麺です。
そして、まんまる堂での温かい麺料理の中では、最細の麺にしました。

やや色味からも米粉麺っぽい感じを出しています。


スープはもちろん「鶏そば」と謳っていますので、鶏ダシのスープです。
そこに昆布、生姜、新玉ねぎ、ゴボウなどで旨味を増して、タレにエビ、
スルメ、煮干し、キノコ類などを使っています。

調味料に、塩麹、ナンプラーなどを使っています。

では、まずこの「エスニックな」という表現ははナンプラー・・・
とも言えますが、実はスープを煮込む時に、「こぶみかんの葉」
を入れています。


これが微妙な爽やかさを演出ているのが、「エスニックな」という
表現の源です。


あと、具に、一仕事加えた鶏胸肉と、たけのこと、小松菜を添えています。
あと定番の、水菜、もやしも、もれなく付いてきます。


つぎは味変えの「あとDEカリー」です。
全体の三分の二ほど食べてからの投入になります。



まず中央に乗っかっているのが、「キャベツのサブジ」です。
クミンシードや、マスタードシードなどでカリー感を盛り上げています。


そしてカリーは鶏出汁ベースに、トマト、新玉ねぎ、ココナッツで
カレー感と、エスニック感の両立を目指しました。


長年継続している、どこの国のカリーとも言い難いまんまる堂独自の
スタイルの追求・・・と、勝手に位置づけています。

スープの鶏だしとの相性は、もちろん良いに決まっていますよね。

そしてご飯。




「ひよこ豆のカリー」のアーモンドスライス添えです。
ひよこ豆のカリーは豆乳ヨーグルト仕立てです。


最後に食感の変化を加えようとした、試みです。
まあ、このカリーだけでもご飯、いけてしまいますけどね。


てな具合に、今回春の限定麺を仕上げてみました。

興味を持たれた方は、近くにお寄りの際にでも、是非!




2019-04-09 21:18:08

2019年 ほかほか麺


冬です!
冬といえばコレしかないでしょう!



今年もコレです!
豊橋時代の「ほかほかつけ麺」から始まり、約10数年・・・。
練度を重ねに重ねたこの一品・・・「ほかほか麺」です。


かなりマイナーチェンジを繰り返し、練り上げてきました。



実は写真を撮る時に、ごまを振るのを忘れてしまいました・・・。

見た目は派手ではないのですが、やはり安心感のある美味しさです。

試食しても、「ああ・・・・コレコレ・・・コレでいいよな。」
と、思わず呟いてしまいます。





ほらね・・・ごま・・・振り忘れている・・・。

でもこのスープは最高です。
たっぷりの白菜と大根を鶏出汁のスープに、生姜と酒粕・・・。
栄養タップリのあんかけ風なので、これだけでも全部食べてしまえます。


しかしこれに、こいつを足す・・・。




ことによって、黒胡麻とごぼう、柚子の旨味が加わって、
さらに美味しさが増します。


そして更に辛味も足せます。




毎年、辛味はラー油だったのですが、ことしは辛味噌に変更です。
山椒を中心に、和風な薬味を足した辛味噌です。
やや辛味を強めに作っていますので、様子を見て使ってください。


ご飯は、定番のいりたまご飯です。




冬の体作りのお役に立てるのが、このほかほか麺です。

この冬のシーズンに是非一度お試しください。


2019-01-16 23:46:21


2018年度の秋の限定メニューです。



いつもは秋の限定は「温菜めん」というネーミングでした。
ほんのり身体を温めてくれるようなイメージで
その名を付けてまいりました。



今回のメニューは「温菜めん」という見た目でもないので、
ネーミングには悩みました。




見た目の色彩に「秋」感がやや不足しているので、「温菜」
っぽく見えない・・・ので、考え直さざるを得ないのでした。


その結果「秋のスープ麺」・・・という微妙なネーミングになって
しまいましたことを、お詫びしておきます。


まあでも全体的な構成は、秋に飲むスープ・・・というイメージを基に
作っていったのでした。


さて、今回の特徴は・・・。



まず麺ですが・・・隠れて見えませんが、「パプリカ」を
使った「秋色」の麺です。


製麺技術もやや向上したので、卵を使った麺ではない「モチモチ感」
を出せているのではないか・・・と、勝手に思っています。


そしてスープ。
イメージとしては、「コンソメっぽいスープ」プラス「ベーコンテイスト」
的な感じでしょうか。

スープにはじゃがいも、玉ねぎの香味野菜と、えのき茸で優しい
秋のスープっぽい輪郭を構成していると、勝手に思っています。


ベーコンに数種類のスパイスを忍ばせているので、スモーキーさと、
スパイシーさが、やや西欧な感じを演出していると、勝手に思っています。


レンコン、もやし、水菜が少々の歯ごたえを感じさせてくれるので、
食感のアクセントなっていると勝手に思っています。


そして、得意(?)の味変えアイティムです。




ベースはトマトと豆乳、バジルにブルーチーズなどを使っています。
中身は、しめじ、しいたけ、舞茸をオリーブオイルでソテーして
います・・・隠し味に赤ワインを使っています。


スープというよりも、ソースに近い感じです。
きのこのうま味がたっぷり溶け込んでいます。
やや大人味なので、好き嫌いが分かれるかもしれません。


全体の四分三位食べて、最後の方に入れたほうが、
よりその効果が、わかりやすく体感できると思います。


そして最後に「ぶっかけ飯」です。




「おさつご飯」です。

豆乳ヨーグルトとさつまいもです。

これは悩みに悩んで、とりあえず勢いだけで作ったのですが、
スタッフには意外にも好評で、救われた気分でした。


決めては最後に、ほんの少しシナモンを加えたのが功を奏した
みたいです・・・でも好みは分かれるかもしれません



ご飯は、お腹に余裕のある方は、試してください。



当然、まんまる堂の限定メニューです。
変わったものにチャレンジできることに喜びを感じる
猛者だけが、挑んでください。



この変テコなメニュー・・・楽しんでいただけたら、幸いです。



2018-10-29 23:57:57

2018年 カレーつけ麺


今年もやります!「カレーつけ麺」
試食をしての、やや改良版です。



試食して思ったのですが、「カレーつけ麺」で、つけ麺・・・と、認識
してしまうのですが、これは・・・・つけ麺ではないですね。





まあ、どのように召し上がって頂いてもいいのですが、
ワタシのおすすめの食べ方を紹介したいと思います。

まず、麺の上に乗っているキーマカレーを、全体的に混ぜずに
そのままで食べてください。




まず麺とキーマだけで、全体的に混ぜないのがポイントです。
キーマを全体的に混ぜてしまうと、薄っぺらい味わいになってしまうので、
要注意です。


そして次に、キーマがかかっていない麺だけを、つけ麺として
食べましょう。



画面上の上半分、キーマカレーがかかっていない水菜の部分を
つけ麺として食べてください。

そうすることによって、つけ汁のアジアンテイストがわかりやすいです。
こうすることによって、違う地域の、違うカレーの味を楽しめます。


そしてここからが、まんまる堂らしい混沌とした皿の上での世界観。
つけ汁を、かけてしまいましょう!



これで2つの世界観が皿の上で重なり合います。
もうカレーとしては、種類として分類できなくなりました。
これぞまんまる堂的混沌・・・わかりにくさの本領発揮です。


そしてカレーといえば当然ご飯。



この中に残ったつけ汁を・・・でもいいのですが、ここはややハメを外して。




ほら!・・・ややお行儀はわるいですが、これをレンゲで食べると、
アジアのストリートで食べるご飯みたいで、素敵ではないでしょうか?


というワタシのオススメの召し上がり方を、載せておきます。

ご参考にしてください!・・・でも召し上がり方は自由なので、
ぜひご自身のオリジナルも開発してください。


やく1ヶ月程度の期間限定です。






2018-09-19 00:31:22

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ